集団お見合い

パーティー

結婚活動、略して婚活、こんな言葉、以前はありませんでしたよね。
就職活動と言う言葉があるのだから、結婚の場合は、婚活だろうということで、作られた造語です。
しかし、このような言葉が作られると同時に世の中に広まるのですから、ニーズは高かったということでしょう。
昔は、恋愛以外に結婚相手を探す方法といえば、近所や親せきのおばさんが持ってくるお見合い一般的なイメージとしてあると思いますが、結婚相談所のように職業として相手を紹介するシステムは意外と長い歴史があります。
相談所という形式はとっていないものの、相手を紹介するシステムは鎌倉時代からあったとされています。
現代では、お見合いというより、パーティ形式のものが盛んに行われていますね。
ここでは、お互い結婚を目的とした出会いを求めているので、ストレートに目的に向かうことができます。
行ってみれば、良い出会いがあるかもしれません。

婚活パーティは頻繁に行われています。
形式としては、婚活パーティの専門業者が行うものや、市町村などの公的機関が行うもの、結婚相談所が行うもの、など様々ですが、それぞれ違いがあります。
専門業者の場合、あくまで、集団お見合いのセッティングだけをすることが多く、会費制で事前予約をします。
男女の年齢、人数を合わせて場所を提供するというパターンがほとんどです。
相談所の場合は、一般的に入会金が必要で、自分のプロフィールや好みのタイプや条件なども登録しておきます。
相談所では、個々の紹介もしますし、パーティのようなイベントも行いますが、専門業者と異なる点は、相談員がついていることも多く、登録の際に身分証明書の提示が必要なことも多いので、結婚を目的としたお相手を探すには安心な場と言えるでしょう。
婚活は要は自分にあった相手を見つける為の活動ですから、できるだけ多くの出会いがあれば、それだけ自分に合った人に出会える確率は上がります。
パーティ形式のものは集団お見合いと言えますし、相談所では最初から条件に合う人を紹介してもらえるというメリットがあります。
予算など自分にあったものを選択するとよいでしょう。